脱毛コラム

ワックス脱毛施設と自己処理でのアンダーヘアの脱毛について

アンダーヘアの脱毛方法

アンダーヘアの脱毛
施設に通ってアンダーヘアの脱毛を受ける際は、脱毛サロンや美容クリニックの他にもワックス脱毛施設に通う方法があります。

ワックス脱毛施設は、自己処理での脱毛ワックスと違って自分では処理できない部位のアンダーヘアを処理できます。

その上、サロンでの脱毛となるので、肌のトラブルが起きるリスクを抑えつつ脱毛ワックスを施すことが可能となります。

とはいえ、ワックス脱毛施設は脱毛ワックスを自己処理で行う場合と違って、他の人にアンダーヘアの部分を見られることになります。

その上、脱毛サロンより店舗数が少ない傾向にあるので、ワックス脱毛施設に通いたくても自宅の近くにないこともあります。

自己処理だとアンダーヘアの脱毛効果が低い

美容クリニックやワックス脱毛施設といった施設が自宅にない時は、店舗数が多い脱毛サロンの方が通いやすい傾向が強いです。

けれども、アンダーヘアの脱毛効果の高さに拘るならば、自宅から遠くても美容クリニックやワックス脱毛施設に通うのが適しています。

ただし、施設を利用してアンダーヘアを脱毛する場合は、効果を得るためにどの施設を選んでも通い続ける必要があります。

また、施設での脱毛となるので、他の人やスタッフにアンダーヘアが生えている部分を直視されることになります。

よって、アンダーヘアの部分を他の人に見られずに処理するならば、施設を利用せずに自己処理で済ませると人の目を気にすることが無くなります。

けれども、自己処理だと施設を利用する場合と比べて、アンダーヘアの脱毛効果の高さに劣ります。

ワキガになる原因とサロンでの脱毛を受けることでワキガが改善される理由について

ワキガを改善するために

ワキガの女性
アポクリン腺から汗が分泌される量が多いほどワキガになりやすくなりますが、生活習慣によって汗をかく量が少なくてもワキガに悩まされることがあります。

そのため、ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗だけでなく、食生活や運動によってワキガの臭いが強く出やすくなります。

なので、普段汗をかかない人でもワキガに悩まされる場合は、生活習慣を見直すことでワキガを改善することが可能となります。

また、アポクリン腺から出る汗が多く脇毛が長い人でも、生活習慣の見直しによってワキガの臭いを抑えることができます。

サロンで脱毛を受けるのがお勧め

脇毛が長いと雑菌が繁殖しやすくなるので、生活習慣を見直すだけではワキガの臭いを完全に抑えることができません。

そのため、生活習慣を見直してもワキガの臭いに悩まされる人は、サロンで脱毛を受けるのがお勧めになります。

なぜなら、サロンでは永久脱毛を施してもらえるので、ワキガの原因となる脇毛を生えにくくできるからです。

とはいえ、サロンで受けれる光脱毛を一回受けるだけでは脇毛を生えにくくできないので、継続して通う必要があります。

それでも、継続して光脱毛を受けることで脇毛が生えにくくなるので、脇毛に雑菌が繁殖しにくくなる影響によりワキガを改善できるようになります。

また、医療機関でないサロンでは、クリニックで使われる脱毛器具より出力が低いので、脱毛効果が現れるのは穏やかとなります。

そして、毛周期に合わせてサロンに通う形となるので、サロンでの脱毛によってワキガの臭いを完全に抑えるのに時間が掛かります。

産後のホルモンバランスが乱れていても安全に行えるムダ毛処理の方法について

産後のムダ毛処理

産後の女性
妊娠中から産後は、女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなるのでホルモンバランスが乱れた状態となります。

その影響により、産後の肌は妊娠前の肌より敏感となるので、外部からの刺激を受けやすくなります。

そのため、産後は肌が紫外線の影響も受けやすくなるので、肌荒れや肌の痒みに悩まされやすくなります。

また、産後においてムダ毛処理として脱毛施設に通っても、産後の女性だと利用を断られることが多いです。

なぜなら、産後の肌は敏感な上に乾燥しやすい状態でもあるので、光やレーザーを照射しても毛根部分を破壊するのが難しいからです。

けれども、産後から半年経ってホルモンバランスが改善されれば、脱毛施設で脱毛を受けても断れない上に脱毛効果を得ることが可能となります。

それでも、産後は男性ホルモンの割合が多い状態となるので、妊娠前よりムダ毛処理を施す回数が増す傾向になります。

ムダ毛処理に割く時間を極力減らす

電動シェーバーで広範囲のムダ毛を短時間で処理するのが最善となります。
なぜなら、産後は赤ちゃんの面倒を見る時間が必須となるからです。

そのため、ムダ毛処理に割く時間を極力減らす方法として、電動シェーバーによる自己処理が適しています。
また、剃刀も電動シェーバーと同じ剃ることでムダ毛処理する方法となりますが、剃刀の刃は電動シェーバーと違って刃を直接肌に当てます。

なので、剃刀の場合電動シェーバーより肌を傷つける可能性が高まります。

ちなみに、電動シェーバーによるムダ毛処理は、産後のホルモンバランスが乱れている状態でも安全に行うことが可能です。

電動シェーバーは、敏感肌でも肌に与える刺激を抑えることができるので、肌のトラブルに悩まされずにムダ毛を処理することができます。

正しい脱毛方法で、埋没毛にならないように!

埋没毛について

埋没毛について考える女性
埋没毛になるには、脱毛方法が間違っているからなるというのが基本的にあるようです。これは、わたしが通っている脱毛サロンで教えてもらえた事なんですが、おうちで自己処理をされている方のほとんどがT時カミソリを使ってお風呂で処理する。というかたでその処理のしかただと、どうしても埋没毛ができてしまうようなのです。

よくない脱毛方法

いちばんの駄目な方法としては、毛抜きで抜いてしまうこと。その時に毛穴に負担をかけてしまって、開きにくくなる。次のはえてきた毛が毛穴を突き抜けてでてくることができない。というので、埋没毛になってしまう。

それをもし、むりやり抜いてしまうことをすると、そこから炎症をおこしたり、雑菌の繁殖をすすめてしまうので、わきニキビが起きてしまったりする。というのがいちばん多い理由らしいのです。正しい脱毛方法としては、

保湿をすることで肌を柔らかくさせる

電動カミソリで、肌にも毛穴にも負担をかけないようにして、毛を処理する。というのが1番トラブルが起きにくい脱毛方法だというふうに教えてもらいました。そして、その方法と一緒に脱毛をしたい部分の保湿をしっかりすること。保湿をすることで、毛穴が出やすくなるので、埋没毛が発生しにくいのです。
肌を柔らかくさせることも大事なことになるようです。
正しい脱毛方法を取り入れて、埋没毛の発生しない優しい肌になっていきましょう。