産後のホルモンバランスが乱れていても安全に行えるムダ毛処理の方法について

産後のムダ毛処理

産後の女性
妊娠中から産後は、女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなるのでホルモンバランスが乱れた状態となります。

その影響により、産後の肌は妊娠前の肌より敏感となるので、外部からの刺激を受けやすくなります。

そのため、産後は肌が紫外線の影響も受けやすくなるので、肌荒れや肌の痒みに悩まされやすくなります。

また、産後においてムダ毛処理として脱毛施設に通っても、産後の女性だと利用を断られることが多いです。

なぜなら、産後の肌は敏感な上に乾燥しやすい状態でもあるので、光やレーザーを照射しても毛根部分を破壊するのが難しいからです。

けれども、産後から半年経ってホルモンバランスが改善されれば、脱毛施設で脱毛を受けても断れない上に脱毛効果を得ることが可能となります。

それでも、産後は男性ホルモンの割合が多い状態となるので、妊娠前よりムダ毛処理を施す回数が増す傾向になります。

ムダ毛処理に割く時間を極力減らす

電動シェーバーで広範囲のムダ毛を短時間で処理するのが最善となります。
なぜなら、産後は赤ちゃんの面倒を見る時間が必須となるからです。

そのため、ムダ毛処理に割く時間を極力減らす方法として、電動シェーバーによる自己処理が適しています。
また、剃刀も電動シェーバーと同じ剃ることでムダ毛処理する方法となりますが、剃刀の刃は電動シェーバーと違って刃を直接肌に当てます。

なので、剃刀の場合電動シェーバーより肌を傷つける可能性が高まります。

ちなみに、電動シェーバーによるムダ毛処理は、産後のホルモンバランスが乱れている状態でも安全に行うことが可能です。

電動シェーバーは、敏感肌でも肌に与える刺激を抑えることができるので、肌のトラブルに悩まされずにムダ毛を処理することができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*